洗濯は夜派?朝派?どの時間帯にやるのがおすすめ?

洗濯は朝と夜、どちらにするべき?

洗濯機を回す時間

気温が高く、日の光が当たる時間に洗濯物を干すとよく乾きますし、気持ちがいいですよね。 朝起きてすぐに洗濯機を回し、仕事に出かける前に干す方も多いと思います。 一方で、人が活動する日中ならではの問題もあります。 朝に洗濯を干すメリット・デメリットを確認してきましょう。

朝に洗濯をするメリット・デメリット

生活をする上で、避けられない家事が洗濯です。
洋服や下着を身に付けない日はありませんし、着た服はいつか洗濯しなければなりません。
そして、日常的に洗濯機を回す方なら一度は洗濯の時間帯について考えたことがあると思います。

昔は洗濯は朝に行うのが一般的で、大抵の家庭は朝に衣類を洗って外に干し、日光で乾燥させて日が沈むころに取り込んでいました。
性能の良い洗濯機や乾燥機、暖房器具がなかった時代は、夜に洗濯をしてもしっかりと乾かせないことが多く、冷たい衣類が体調に影響を及ぼしたため、「夜に洗濯をするのは縁起が悪い」とまで言われていたようです。

しかし、現代では高性能な家電や屋根つきの物干し場、部屋干しの習慣が普及したことで、夜でも洗濯物が乾かせるようになりました。
また、女性の社会進出やライフスタイルの多様化により、夜に洗濯をした方が都合がいいご家庭も増えているようです。
確かに、夜の洗濯には騒音問題や乾きにくさなどいくつかのデメリットもありますが、朝の洗濯にはないメリットも多くあります。

洗濯をすべき時間帯について、どのご家庭にも当てはまるという時間帯はありません。
朝には朝の、夜には夜のメリット・デメリットが存在します。
ご家庭のライフスタイルや、重視する要素に合った時間帯を選択することが大切なのです。

このサイトでは、朝の洗濯と夜の洗濯について、それぞれの特徴をご紹介します。
ご自分の価値観やライフスタイルに合った時間に洗濯をして、家事を楽にしましょう。

夜の洗濯は意外とメリットが多い?

フルタイムで働いている方など、朝が忙しい場合、時間のある夜に洗濯をすることが多いと思います。 「朝洗濯できない人が仕方なく夜に洗濯する」というイメージが強いかもしれませんが、夜の洗濯には節約効果や衣類のダメージの減少など、とても大きなメリットがあります。 夜の洗濯の特徴を見てみましょう。

洗濯の時間帯の選び方

ここまで朝の洗濯と夜の洗濯の特徴をお話ししてきましたが、結局のところどちらを選べばいいのでしょうか。 100パーセントの正解はありませんが、朝の洗濯がオススメな場合と、夜の洗濯がオススメな場合の例をご紹介します。 ご自分のライフスタイルや価値観に照らし合わせてみましょう。

TOPへ戻る